前へ
次へ

野球肘になった場合の対処が必要です

野球などの投球動作で肩や肘を痛めることはわかっていますが、これは何度も繰り返し使っていることによって起こることが問題になっています。
野球で痛めた肘を「野球肘」といいますが、子供がなる場合には肘の成長途中で骨や軟骨が未熟なために、投球動作で軟骨組織を破壊してしまうことです。
そうなってしまうと肘に痛みが出始めていき、まず投球動作をすることができなくなります。
問題なのは、それでも黙って子供が投球を続けてしまうことにあり、これは試合に出たいがために痛みを押して野球をすることがいけないことです。
治すには治療する期間がかかりますので、早期発見して治療をする場合には期間も短くなりますが、判断が遅くなると手術することもあります。
肘についている靭帯組織なども影響することから、治していくには周りの筋肉を強くすることも考えなくてはいけないです。
上腕二頭筋を鍛えることや、上腕三頭筋も含めて鍛えることで肘をカバーすることができます。

Page Top